ゴルフの飛距離アップ法TOP > ゴルフ用品で飛距離アップ > ユーティリティで飛距離アップ




ユーティリティで飛距離アップについて

ユーティリティは近年になって一般的に使用されるようになってきた新しいカテゴリーのクラブで、性能的にも形状的にもウッドとアイアンの中間に位置するクラブです。よくUTと略記されていたりします。

当然アイアンと比較するとヘッドも大きく、シャフトも長めなので、操作性ではアイアンに劣るものの、アイアンより飛距離は出ます。また、ロングアイアンなんかよりもスイートスポットが大きいのでミスショットにも強くなります。ですので、自分のアイアンの飛距離がちょっと不足しているなって思ったときに、ユーティリティクラブに変えるという選択肢はあると思います。

但し、ゴルフは飛距離を争うスポーツではないわけですから、やみくもに「じゃユーティリティにすればいいや」じゃダメなわけです。自分がどんなクラブの組み合わせなら、いろんなコースをラウンドする場合にやりやすいかを考えてクラブセッティングを考え、その中で必要であればユーティリティを使うというスタンスが良いと思います。

ユーティリティは、実は定義もスペックもメーカーによってバラバラです。ですので、ユーティリティを選ぶ際は、ロフト角に注目してください。基本、ロフト角が同じアイアンより、1番手遠くに飛ぶと思っておけばよいと思います。また、ユーティリティにはアイアンに近いものとショートウッドに近いものがありますので、そのあたりもご自分が得意なクラブに近いものを選べばよいのではないかと思います。

ぶっちゃけ、きめ細かくクラブを選べるようになってきたのは歓迎すべきことなんでしょうけれど、いろいろクラブの選択を悩むようになった今日この頃ですね(贅沢な悩み?)。





ゴルフ用品と飛距離アップ

ユーティリティで飛距離アップ

ユーティリティは近年になって一般的に使用されるようになってきた新しいカテゴリーのクラブで、性能的にも形状的にもウッドとアイアンの中間に位置するクラブです。よくUTと略記されていたり...

ゴルフボールで飛距離アップ

「一番よく飛ぶゴルフボールは?」という質問をされる方がいますが、その答えは人によって変わってきます。飛ばし屋と呼ばれるプロ選手が使っているボールをアナタが使用しても、飛距離は伸...


 
FX口座