ゴルフの飛距離アップ法TOP > 飛距離アップの為のゴルフスイング > ドライバーの飛距離アップ




ドライバーの飛距離アップについて

ゴルフのドライバーで飛距離アップするには、ヘッドがカラダからできるだけ遠いところを通るように、遠心力を使ってゆっくりと大きく振ります。

以前は、トップスイングから体を先に回転させ、ドライバーのヘッドはぎりぎりまでタメておいて、シャフトのしなりと手首のかえしで飛ばすような打ち方が良いとされていました。
しかし、現代ではドライバーも進化し、そのような打ち方ではかえって飛距離ロスにつながることが科学的な分析で判明しています。

ですので、スイングにおいては手首から腕、肩にかけて力が入らないようし、手首を速めにリリースしてあげるように心がけてください。

この感覚をつかむには、軟らかいもので素振りをするのが良いと言われています。手軽なものとしては、タオルの片端にヘッドカバーを結ぶなどして振ってみればよいと思います。タオルがちゃんと伸びて遅れずに触れるようになるまで練習しましょう。


ドライバーの飛距離が出ない人によくあるのが、腰がしっかり回転していないケースです。本人は回転しているつもりでも、ボールに当てに言ってスイングがぎごちなくどこかで止まっているんです。アップライトではなく、水平気味に後ろに引く感覚でテイクバックをしてみましょう。

また、ドライバーのアドレスの際はクラブフェイスはちょっとかぶせぎみに構えましょう。アドレスの際にクラブフェイスがスクエアでも、実際のインパクト時にはヘッドは開き気味になるからです。




ゴルフクラブと飛距離アップ法

ドライバーの飛距離アップ

ゴルフのドライバーで飛距離アップするには、ヘッドがカラダからできるだけ遠いところを通るように、遠心力を使ってゆっくりと大きく振ります。以前は、トップスイングから体を先に回転...

アイアンの飛距離アップ

アイアンの飛距離アップについても、ドライバーに関することがある程度当てはまりますが、一部異なる点もあります。ここではそれらの点について触れておきます。グリップの位置はカラダ...

フェアウェイウッドの飛距離アップ

ロング・アイアンと同じくらいの飛距離が打て、しかもロングアイアンよりもボールが上がりやすく、フェースの芯でボールをとらえやすい比較的易しいクラブとして、フェアウェイウッドは人気上昇...

女性ゴルファーの飛距離アップ

女性ゴルファーの方が男性と比べて、負けてしまいがちなのが、飛距離です。女性が飛距離で男性に勝てるわけないと思っていませんか。マスターズの飛距離データでみると、 ...


 
FX口座