ゴルフの飛距離アップ法TOP > 飛距離アップの為のゴルフスイング > アイアンの飛距離アップ




アイアンの飛距離アップについて

アイアンの飛距離アップについても、ドライバーに関することがある程度当てはまりますが、一部異なる点もあります。ここではそれらの点について触れておきます。

グリップの位置はカラダの正面中央ではなく、ボールの位置より前寄り(右利きの場合、左足寄り)にします。これをハンドファーストといいますが、そもそもアイアンはそうなるように設計されているのだそうです。
この際、グリップを握ってから単純にグリップを前(左)寄りに移動させるのではダメです。不自然なグリップになるからです。まずはグリップは軽く握った状態で移動させ、位置が決まってからしっかりと握りましょう。

次に、ご存知だと思いますが、アイアンではインパクトの際に、ソールが地面と水平になっていることが重要です(ドライバーではあまり気にしなくてよい)。もし、ソールがトゥもしくはヒール側に傾いていると、飛距離ロスになりますし、また、ボールが変な方向に飛んでいってしまいます。

あなたの場合に実際にソールが地面と水平になっているかどうかを調べるために、ソールに紙テープをはって、アイアンを振った場合のこすれ具合を調べてみましょう。もしも、ヒール側だけ、あるいはトゥ側だけこすれていたら、(1)あなたのアドレスがおかしいか(ボールとの距離等)、あるいは(2)アイアンのライ角(ゴルフクラブをソール面が地面と水平になるように置いた場合の、地面に対するシャフトの傾き角度)があってないと思われます。これらを修正することによって、飛距離を伸ばすことができます(ライ角は、「軟鉄」や「ソフトステンレス」製のアイアンであればショップで調整してもらうことができますので、ご相談されるのがよいと思います)。




ゴルフクラブと飛距離アップ法記事一覧

ドライバーの飛距離アップ

ゴルフのドライバーで飛距離アップするには、ヘッドがカラダからできるだけ遠いところを通るように、遠心力を使ってゆっくりと大きく振ります。以前は、トップスイングから体を先に回転...

アイアンの飛距離アップ

アイアンの飛距離アップについても、ドライバーに関することがある程度当てはまりますが、一部異なる点もあります。ここではそれらの点について触れておきます。グリップの位置はカラダ...

フェアウェイウッドの飛距離アップ

ロング・アイアンと同じくらいの飛距離が打て、しかもロングアイアンよりもボールが上がりやすく、フェースの芯でボールをとらえやすい比較的易しいクラブとして、フェアウェイウッドは人気上昇...

女性ゴルファーの飛距離アップ

女性ゴルファーの方が男性と比べて、負けてしまいがちなのが、飛距離です。女性が飛距離で男性に勝てるわけないと思っていませんか。マスターズの飛距離データでみると、 ...


 
FX口座