ゴルフの飛距離アップ法TOP > ゴルフスイングの基礎 > ゴルフでフックが出たら




ゴルフでフックが出たら

スライスのときとは逆に左曲がりの横回転が空気の層にぶつかることにより、
フックボールになります。

スライスのときとは逆に、フェース面が自分の身体の方向に向いている事により、
左曲がりの回転を生みます。

わかりやすく言うとフェースが外側に向いているとスライスに、
内側に向いているとフックになるということです。

原因はスライスのときと同じく
立ち位置のずれによって、フェース面が変わる場合や
手首が動く事によりフェース面が一定じゃなくなりスライスになってしまう場合
後は最初からフォームが崩れている場合の3種類です。

スライスのときと同じように
まずは、上記のどの部分がずれているのか。
ビデオを取りコマ送りにしてこの3点の部分を確認してください。

それでもフェースがまっすぐに出せない人は、
クラブにシールのような目印をつけてそのラインをまっすぐに素振りしてみてください。
まっすぐなラインにそのシールが乗っかるように素振りをします。
それが出来るようになったら球がクラブフェースから離れるまでまっすぐに球を
押し出すようなイメージを持つとわかりやすいかもしれません。




ゴルフスイングの基礎記事一覧

ゴルフスイング理論

ゴルフスイング理論においては、グリップの持ち方・構え方・体重移動・身体の回転・全身の使い方がポイントになります。その中で特に飛距離アップに重要なのは、体重移動と身体の回転です。...

ゴルフスイングの軌道

正しいゴルフスイングの軌道は、フルスイングの際に、きちんと身体の周りで円を描けるのが基本です。また、アプローチやパター等はクラブヘッドがボールを捕らえるときに安定して ...

ゴルフのアドレス

ゴルフのアドレスはきちんとしたゴルフフォームを生み出すのに重要です。そしてアドレスがずれていると自分が打ちたい方向に、球を飛ばすことはできません。基本は3点です...

ゴルフスイングの体重移動

スイング時の体重移動は、瞬間的に、しかもかなりのパワーを生み出すのに必要な要素です。体重移動がうまく出来る選手は、うまく後ろ脚を蹴るようなイメージが出来る選手だと自...

ゴルフスイングと腰

飛距離を出しつつ球をまっすぐに飛ばすには、腰をきちんと回転させる必要があります。サッカーボールを思いっきり蹴ってみてください。腰を入れてボールを蹴りませんでしたか。...

ゴルフスイングと手首

ゴルフスイングがいくら綺麗に見えても、手首一つでスコアはガラリと変わってきます。スイングをするときに手首が、ぐにゃぐにゃ動いてしまえばその分ずれが生じてしまいます。...

ゴルフでスライスが出たら

スライスが出るということは、球を送り出すときのクラブフェースの面が開いている事により、おきてしまいます。わかりやすく言うと、ボールに右曲がりの横回転がかかり、そ...

ゴルフでフックが出たら

スライスのときとは逆に左曲がりの横回転が空気の層にぶつかることにより、フックボールになります。スライスのときとは逆に、フェース面が自分の身体の方向に向いている事により、...

ゴルフのアプローチ

アプローチはパターを簡単にするために重要な要素です。ゴルフのポイントは遠くへ飛ばして、次にカップに近づけ、最後にパターで入れる。遠くへ飛ばしてもアプローチショットが...


 
FX口座