ゴルフの飛距離アップ法TOP > 飛距離アップのゴルフ理論 > シャフトと飛距離アップ




シャフトと飛距離アップについて

シャフト選びで重要なことは、全ての使用クラブで、シャフトが長さに応じた適切な重量や特性を備えている事です。こうしておかないと、クラブによってフィーリングのバランスが変わり、クラブを変えるたびにスイングも変わってしまうので、スイングが安定しません。

シャフトの長さと重量の比率は、全てのクラブで一定でなければなりません。

次にシャフトの硬さ(フレックス)については、柔らかい方から順に (J)、L、A、 R、(SR)、S、X、(XX) 等と表示されてますが、これらの表示はあいまいなもので、メーカーによって基準が統一されているといえず、アテになりません。

ゴルフ工房ではシャフトの振動数を図って硬さを調べてくれますので、気になる方はそういったところを利用すると良いでしょう。

一般にはヘッドスピードが速い人は固いシャフト、遅い人は軟らかいシャフトが良いと言われています。

この他、シャフトについてはトルクやキックポイントという言葉としばしば耳にします。

トルクとは、ゴルフシャフトのねじれやすさを表わす数値で、トルクが大きい方がねじれやすく、小さいとねじれにくいことを意味します。

トルクがあると、スイングが乱れても、シャフトがその乱れを吸収してくれるので、ヘッドの動きが安定します。

また、スイングの途中でねじれ、それがインパクトに向かって戻ることによって、インパクトをより強いものにしてくれます。

一方、トルクが小さいと、スイングの乱れがそのままヘッドの乱れに直結しやすいので、初心者はある程度トルクの大きさのあるシャフトを選ぶべきでしょう。逆に上級者がトルクの大きいシャフトを選ぶと、フェースが帰りすぎて左に曲がる可能性があります。


キックポイントとは、シャフトに力を加えた場合にもっとも曲がる位置をいいます。このキックポイントの場所によって、シャフトには、ヘッド寄りの「先調子」、グリップ寄りの「手元調子」、そしてその間の位置の「中調子」のものに分けられます。「先調子」はボールが上がりやすく、「手元調子」はボールを低く抑えるといわれています。

このキックポイントの場所は、ヘッドスピードの遅い方の場合はあまり気にする必要がありませんが、ヘッドスピードが速い方の場合、飛距離に影響してきます。プロや上級者は「手元調子」か「中調子」のものを選ぶ事が多いですが、ある実験結果によると、意外にも「先調子」のものが一番飛距離が伸びるのだそうです。


ゴルフクラブのシャフトの素材の現在の主流は、スチール(鉄)とカーボングラファイトです。スチールシャフトは従来からあって、装着モデルも多く、安価で親しみが有ります。重量が重い分、弾道は安定し、風に強い球を打てます。

一方、カーボンシャフトは少々値が張りますが、軽くてしなりのあるシャフトです。なので非力な女性や初心者が飛距離をカバーするのには最適です。





飛距離アップのゴルフ理論

ヘッドスピードと飛距離

一般にゴルフの飛距離は、・ヘッドスピード(H/S))・ボールを打ち出す角度・スピン量によって左右されると言われています。このうち後2者はそれぞれゴル...

シャフトと飛距離アップ

シャフト選びで重要なことは、全ての使用クラブで、シャフトが長さに応じた適切な重量や特性を備えている事です。こうしておかないと、クラブによってフィーリングのバランスが変わり、クラブを...

ロフト角と飛距離アップ

ロフト角とは、ウッドの場合はクラブフェースが地面に垂直な面から傾いている角度をいいます。アイアンの場合は、クラブフェースとシャフトの角度をいいます。ロフト角が通常より小...


 
FX口座